ホワイトデーのお返しするしないはどうする?本命のサインや期待は?


バレンタインデーでチョコなどのプレゼントを貰った時、頭によぎるホワイトデー。正直面倒くさいと思うこともありますよね。しかも、1ヶ月も空くのですから正直忘れていることもしばしばあります。そして、ギリギリになって慌てる。それで間に合わないのでもういいかとなったりもしちゃいます。

そんなホワイトデーですが、お返しをするしないはどうするのがいいのでしょう?

スポンサーリンク

ホワイトデーのお返しするしないはどうする?

男ってホワイトデーに苦手意識を持っている人って結構多いです。私もそうです。なんか必要あるのかとか考えちゃいますし、誕生日やクリスマスなら奮発してともなりますがホワイトデーってテンションが上がらないんですよね。
これは、義理チョコ文化もあるからですね。そもそも、男性はプレゼント交換など交換することに慣れていません。フリマなども女性発信ですし、「メルカリ」もユーザーは元々が女性が9割ぐらいでした。
なんで、ホワイトデーのお返しをするかしないかなんて最初の部分ですら悩みを抱えてしまんです。でも、悩む必要はないんです。お返しはする方がいいんです。
分かってはいるけど、面倒くさいじゃんと思います。でも、世の中って面倒くさいことばっかです。なので、面倒くさくても人間関係の構築に一役買ってくれるので上手に使った方がいいですよ。
しかし、しない派の意見も分かります。なんか3倍返しの文化もあります。このイメージが良くないです。高価なものを返さないといけないような世の中になっているので、たかだかホワイトデーにそこまでするのもなとなってしまいますよね。

ホワイトデーのお返し本命サインを逃しているかも

バレンタインでチョコなどのプレゼントを貰った時に「お返しはいらないんで大丈夫です」と言われることもあります。しかし、本当にその言葉を鵜呑みにしない方がいいですよ。
「いらないって言っていたからいいや」は要注意です。プレゼントをくれた女性のキャラや品物を考えてみて下さい。さらに、義理チョコに見えるように装っている場合もあります。
他の相手にはどんなものを配っているのかも重要です。他の人に配られているものと違ったり、メッセージカードが入っていたりした場合はアナタに好意がある可能性もあるんです。

スポンサーリンク

元々バレンタインデーは女性から男性に『愛の告白』をするイベントです。これは女性の心理の中に残っているので普段なかなか出せない想いを表現する人はいるのです。そこを忘れてはいけません。なので男性から見たら義理のような感じでも、女性からしたら本命だったみたいなこともあったりします。
お返しをしていればその後、交際に発展していた。そんなチャンスを逃さないためにもお返しを送るという習性を身に着けておいた方がいいですよ。

ホワイトデーのお返しは期待されているもんなのだ

本命でも義理でも、お返しは期待されているもんです。口ではなんて言っていたってお返しを貰えたら嬉しいもんです。男性だってバレンタインにプレゼント貰ったら嬉しいもんじゃないですか。女性だって同じですよ。
ただ、注意しなくてはいけないのがホワイトデーはバレンタインで貰ったもののお返しということです。つまりは先に贈り物を貰っているので、最低限として同レベルぐらいのものを返さないと高感度を下げる結果になってしまうこともあります。特に男ってチョコのブランドとか知らない人も多い(知っていてゴディバぐらい)なので、Google先生に聞いてみたりすると良いでしょう。また、知り合いの女性に聞いてみるものいいですよ。その方がよりリアルなアドバイスも聞けるもんですし。

さいごに

ホワイトデーのお返しはキチンとする。これは相手のことを気遣うという意味にもなります。気遣いが出来る男は仕事でもプライベートでも相手への配慮にも気を配っているので成功する人が多いです。
また、お返しでセンスの良いものや気の利いたものを渡せれば、高感度アップにもなりますよ。
ホワイトデーで職場の義理チョコへのお返しでおすすめはこちら。

スポンサーリンク