飲食店の店長の悩み。アルバイトから好かれる事で売り上げアップも

ついに店長職就くことになった時。今まで頑張ったことが報われたと思う反面、責任というものが今まで以上に重く肩にのしかかることに不安がよぎるます。

そして、着任した後は様々な悩みで頭を抱えることでしょう。店長というものは板挟み。中間管理職の悩みは尽きないものです。

しかし、やりがいがある仕事ですし確実に自分の為になります。目を背けずにしっかりと向き合って下さい。

スポンサーリンク
  

飲食店の店長の悩みで多いのは?

店長になる。ということは今までは社員として指示を受けて動いていたことを指示をして動かしていかなければいけないということだ。

それ以外にも様々な重圧(プレッシャー)がのしかかる。そんな中で店長はお店の舵を取り、売り上げという目標を達成しなければならない。これはかなりの精神的な負担になる。
人件費の削減や食材の管理。シフトの調整に穴埋め。クレーム対応に追われる場面もあるだろう。そして立ちはだかる売り上げという壁。それだけでもハードな仕事なのに、さらに頭を悩まされるのは『教育』、『人間関係』だろう。

アルバイトや新入社員といった。スタッフに悩まされることが非常に多い。しかし、ここを上手くクリア出来れば店長としての仕事は軌道に乗る。さらなるステップアップが出来るだろう。

飲食店の店長がアルバイトで悩む理由は?

飲食店等のサービス業は正社員に比べてアルバイトの比率がどうしても多くなってくる。その中でも教育は1番頭を悩ませられるだろう。

特に、店長としてお店に立った時にはアルバイトとの年齢差がそれなりに離れている場合が多い。そうなってくると今まで自分が教わってきていたことや感覚が合わないことが多いのだ。合わないまま進んでしまうと。ウザいや嫌い。そして辞めたいになってくる。

今の子達は日本語が理解出来ないや常識がなってないからと諦めていないだろうか?その考え方の時点でアウトだ。もう、その言葉で片付くのは終わっている。多様化された現在の中での柔軟性が必要だ。しかし、それも当たり前になっている。

だから忘れてはいけないのが、原点回帰だ。人と人との繋がり。相手を気遣う心が大切だ。今はアナタが思う以上に教えるのに時間がかかる。その中で辞めていくスタッフも多い。でも化ける子も多いのだ。

柔軟な受け止め方や今までよりも長い目で見ていくことが出来なければ今の時代は難しくなっている。

スポンサーリンク

アルバイトから店長が好かれる為に必要なこと

アルバイトで悩む理由は理解していただけましたか?人間関係の構築というものは難しいものです。日々の積み重ねとちょっとしたキッカケで変わってきますよ。

それでは、人間関係を作る上で欠かせないのが好かれることです。信頼してもらえる存在になることが必須です。なので、相手の立場から見てみるといいです。アナタがアルバイトとして入ったお店でどんな店長なら信頼出来ますか?どんな店長なら信頼出来ないですか?
上から言うだけで特に仕事もしなく、大変だ。疲れてるとグチばかり言う人。ミスばかり注意して、あら捜しばかりしている人。周りの目ばかり気にして、結局何もやらない人。
信頼出来ない例を挙げたらキリがなくなると思います。そして、信頼出来る人というのは挙げた例をしないのではないですか?自分がされてイヤなことは相手にしてもイヤがられます。そんな自分が嫌いな人物像にならないで下さい。

そして、好かれる人間という人はコミュニケーションに長けています。更に、アイデンティティが確立しています。

この言葉だけでは、自分は無理だと感じてしまうかもしれません。でも、本当にそうでしょうか?ちょっと考え方を変えるだけで。

コミュニケーション→ちょっとした雑談。話すより聞く方がいい。
アイデンティティ→仕事上で注意しなければいけないことを相手にキチンと分かるように伝える。

こんな感じで捉えてみてはどうでしょう。注意が難しいかもしれませんね。しかし、店長……リーダーとして注意(教える)ということはどんな場面でも出てきますので慣れてもらうしかないです。
相手から理解され、相手を理解すること。全てを理解する必要も理解される必要もありません。少しでいいのです。

相手に歩み寄り助けられれば、向こうも返してきてくれますよ。部下の育成で目標の上司になる為に。も参考にしてみて下さい。

さいごに

全3章で話しを進めてきました。これが売り上げアップにどう繋がるのか?疑問に思った人もいるかもしれません。でも、本当にそう思いますか?
個人で経営して1人で回しているお店は別ですが、そうでなければ2人以上のチームです。お店として、一致団結してより良い方向に向いていければ売り上げも上がってきますよ。
それに新しい人間が入ってきたのなら、今までと違った風が入ってくれるんです。これを良くするも悪くするも店長の采配です。

スタッフが生き生きとして元気に働いているお店は雰囲気も良く、細かなところにも手が行き届いているのでリピーターを獲得し易いです。結果、売り上げにも繋がってくるもんです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする