バレンタインで職場の男性が年下なんです。本命の時は?アプローチ。

2月14日はバレンタインデーですね。学生の時ならそこまで考えなくても渡せていたものが年齢を重ねていくとなかなか渡しにくくなっていくものです。 特にそれが本命となっていくとなおさらです。でも、せっかくのチャンスを棒に振るというのはもったいないですよ。

ささみの筋のとり方は?筋取りで簡単な方法。加熱後でも大丈夫?

低カロリーで高タンパクな鶏のささみはダイエットや身体作りに最適なのですがささみに付いている面倒くさいヤツ。そう「筋」です。こいつを取るのが大変なんですよね。 でも、取らないと食べた時に口の中に残ってしまうので取り除いて置かないと不愉快です。なのでささみの筋は取るようにしましょう。

ホタルイカの下処理は必要あるのか?方法は?生食はスーパーでOK?

この時期になると飲食店。特に居酒屋が多いですかね。ホタルイカを使ったメニューを見かけますね。辛子酢味噌や生姜醤油で食べたり、パスタやアヒージョなどレシピも様々ありますね。 やっぱり、季節ものですしシーズンには食べたいものです。また、スーパーでもよく置いてあります。 しかし、小さいとはいえイカなので下処理をした方がいいのか分からないなんて事もあります。なのでその辺を確認してみましょう。

こどもの日に菖蒲湯になぜ入るのか?やり方はどうする?効能は?

こどもの日。端午の節句っというのが正しいのですが、馴染みとしてはこどもの日の方がしっくりくるのは私だけでしょうか? 鯉のぼりを飾ったり、兜を飾ったりとするとは思いますが菖蒲湯もありますよ。確かに冬至の時のゆず湯に比べたらやる人は少ないかもしれませんが、せっかくの機会なので一度試してみてはいかがでしょうか? 薬湯なので効能もキチンとありますー。

母の日のプレゼントは何がいい?残るものを送ろう。おすすめのものは

母の日のプレゼントって結構悩みますよね。基本は花のイメージですが毎年同じじゃつまらないですし、両親や母との外食などもいいのですがそれだけだとプレゼントは無いの?ってなたっりするんですよね。外食はシチュエーションであってプレゼントとして認識されていない場合もあるので注意が必要です。

鶏レバーの下処理は必要あるのか?栄養を逃さない。鮮度の見分け方は

レバーは栄養の宝庫なので積極的に取り入れていきたい食材なのですが、家だとなかなか扱うことも無いですよね。なのでやり方が分からないなんてことも当たり前です。しかし、スーパーでもレバーは安価で売られているので使い方さえ慣れてしまえばお財布にも優しいのでおすすめですよ。 なので、鶏レバーの下処理の方法をまとめてみましたので確認してみて下さいね。私は焼き鳥屋で働いているのでその時の仕込みで使う下処理のやり方になります。