職場では悪口や陰口ばかり。聞き流す方法や言われた時の対処法は

どの様な場所でも悪口や陰口は付き物。特に職場では悪口や陰口が起きやすいところでもあります。仕事の優劣や人間性も出やすいですし、色々の性格や考え方の人が集まって組織を作っているからです。

でも、悪口は聞いてて気分が悪いですし。言っている人間の自己満足でしかありません。

スポンサーリンク
  

職場が悪口や陰口ばかりなのだが

職場での悪口や陰口。聞かされたり、聞こえてきても気分がいいものではありません。職場は本当に色々な人が集まっています。そんな中で悪口や陰口を言う人や言う人達はどんな人なんでしょう。

そもそも悪口や陰口を言う人も色々なタイプが存在します。自分の立場を有利にするために誰かを意図的に陥れるのに、悪口や陰口を言う人。ある意味、ほとんど趣味や口癖のように会話の中で悪口や陰口を言う人。なんらかの満たされない欲求があるから悪口や陰口を言うようになっていくです。
それが自身の保身のためや自分の立場を良くしたいがために悪口や陰口を言う人もいれば、孤立するのがイヤなので自分の悪口に同感してくれる仲間を求めている場合もあります。
こういう人は自分に自信が無い場合が多いです。なので自己の確立の為に悪口を言ったり。足を引っ張るために悪口を言う。そして己を正当化しています。

しかし、仕事上どうしても顔を合わせないといけない時はどんな風に対応していけばいいのでしょうか。

職場の悪口は聞き流すのがいいのか

基本的には聞き流す方向でいいと思います。しかし、聞き流すといっても無視やシカトするだと次にアナタが格好の標的になってしまう可能性があるので注意しなければいけません。なので、悪口を聞かされてしまった場合は多少のアクションを取った方がいいです。

この場合、悪口への対応は曖昧にしておくことをオススメします。
そもそも他人への悪口は本人の前でする人はそんなに多くはありません。だから陰口と言われたりもします。基本的に悪口を言う人は自分の発信した言葉に同感してくれる人間は非常に貴重な存在。仲間だと感じます。なので一度同感してしまえばアナタも貴重な悪口仲間としてグループに入れられてしまいます。そうならないためにも返事は曖昧にしておくべきです。
相手の話しを繰り返して、「そういうところもあるんですね」と同意や同感もせずにオウム返しにした方がいいです。それによって相手から標的になる可能性も下げられます。

スポンサーリンク

職場で悪口を言われた時の対処法は

悪口や陰口を言う人は今は他の相手のことを言っているが、アナタがいない時にはアナタを悪口を言っていたり、その人に対する対応や仕事上でのことで標的がアナタに移ってしまう場合もあります。
そんな時の心構えや対処法が分かっていれば、自分への悪口や陰口を言われた時に、傷ついて落ち込んで、人間不信になってしまう。ということも避けられるはずです。

どんな人間だって悪口や陰口を言われたら傷つきます。それでも言われたからと、悪口を言ってきた相手の悪口をアナタが言っても事態は更に悪化するだけですし、結局は言っている相手と同類になってしまうので止めて下さい。

どんなに素晴らしい人でも批判されることはあります。ですので、悪口は陰口を言われても気にしないや聞いていないフリをするのがベストです。そんなこと気づかないフリをすればいいです。
『出る杭は打たれる』という風習もあるせいか、仕事が出来て目立ってしまうと。嫉妬されて悪口や陰口の対象にもされてしまいます。

悪口でどんなにアナタが傷ついて眠れない夜を過ごしたとしても、相手はそんなことになっているとはつゆも知らずに寝ていることでしょう。気にするだけ時間のムダです。そんなことにアナタの貴重な時間。ココロを使う必要はありません。

悪口や陰口を言う人間はそれぐらいの人間なんだと割り切っていきましょう。

さいごに

悪口や陰口を言う人は劣等感が強い。そんな人が多いと思います。器が小さい訳です。
なので、自分より下の人間がいると他の人に思わせることによって自分の立場を安定させようとしている人が多いです。そんな人に振り回されず上手な距離感を保って相手に接していく方がいいです。

また、悪口や陰口なんて聞いてても気分がいいもんではありませんから極力はその場に関わらない方がいいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする