プラスチックのまな板で黄ばみはどうする?漂白のやり方は?頻度は?

やばい。まな板が黄ばんでる。
そんな経験ありませんか?
プラスチックのまな板だから大丈夫だろうと思っていて手入れを怠っていると汚れが残ってしまいそこから雑菌が繁殖してまな板が黄ばんでしまいます。
そんな、今さら聞けないプラスチックのまな板のお手入れの方法をまとめておきますね。

スポンサーリンク
  

プラスチックのまな板で黄ばみはどうする?

プラスチックのまな板の黄ばみの原因は包丁で出来た傷に菌が繁殖してしまったためです。これはまな板の洗い方が不十分であったり、除菌が出来ていないために起こります。
また、長く使っていると包丁による傷も増えてきますので雑菌がより繁殖し易い状態になってしまいます。なので、長期間使っているまな板は新しいものに買い替えた方が早いかもしれません。

まず、まな板の黄ばみを落とす方法ですが1番簡単なものは漂白剤を使う方法です。詳しいやり方は次で説明しますね。黄ばみの落とし方をすぐに知りたいのなら読み飛ばしてもらっていいですよ。

まな板の洗い方

普段から洗い方を気をつけているとまな板の黄ばみが出来にくくなるので知っておいて損はないですよ。

まな板の洗い方ですが大体の人は食器などを洗う要領でスポンジに食器用洗剤をつけて洗っているでしょう。しかし、この方法だと表面的な汚れは落とせてもまな板に出来た傷の中までは上手く洗えていないことがほとんどです。なのでそこから黄ばみや黒ずみの原因になる菌が繁殖してしまうんですね。
なので、まな板を洗う時はスポンジではなくたわしを使うようにしましょう。たわしも亀の子たわしなどのメーカーものもありますがここはなんでも大丈夫です。百均にも売っていますので使いやすい大きさのものを選んで下さいね。
使い方はまな板に食器用洗剤をかけてたわしでゴシゴシっと洗えばOKです。スポンジでは洗い落とせなかったまな板の傷にもたわしの毛が入り込んで綺麗になりますよ。
また、特に汚れが気になる時でしたら熱湯消毒をするのがいいです。鍋ややかん、ケトルにポットなんでもいいのでお湯を沸かしてまな板にかけてあげればOKです。熱湯で汚れも落ちますし、消毒も出来ますのでこまめに熱湯をかけてあげる事によって黄ばみや黒ずみの発生を抑えることができます。

しかし、どうしても菌は残ってしまうので普段から雑菌の繁殖を抑制する効果でしかありません。100%黄ばみ、黒ずみが出来ないということではないんですね。

まな板でプラスチックの漂白のやり方は?

やはり、まな板を除菌、漂白するのは塩素系漂白剤が便利です。ハイターと言った方が馴染み深いかもしれません。まぁ、ハイター自体は商品名なのでキッチンブリーチなどメーカーによって名称がことなりますが効果のほどは大差ないので塩素系漂白剤を使って下さい。また、塩素系漂白剤は衣類用もありますがこちらは界面活性剤が入っていないので汚れを落とすにはキッチン用を使って下さい。

スポンサーリンク

~まな板の漂白のやり方~

・まずは綺麗に洗ったまな板をシンクの中や作業台に置きます。
・そこに塩素系漂白剤をかけます。
・たわしで優しくまな板の全面に塩素系漂白剤を伸ばしていきます。(この時に衣類につかない様に注意して下さい。色落ちして悲しい思いをしてしまうので)
・塩素系漂白剤を伸ばしたまな板にキッチンペーパーをかぶせます。
・その上からラップをかけます。
・引っくり返して、反対側も同じ要領で塩素系漂白剤をまな板の上に伸し、キッチンペーパーをかけ、ラップをします。
・この状態で30分~1時間ほど放置します。
・最後に、食器用洗剤とたわしでゴシゴシと洗えば終了です。

この時に手荒れが気になるようでしたら、ゴム手袋をして作業する方がいいですよ。塩素系漂白剤は効果が強いので手についたら手荒れの原因にもなってしまうので注意が必要です。
また、キッチン泡ハイターといった吸着するものもあるのでこちらの方がお手軽に感じますが、普通の塩素系漂白剤に比べれば漂白力が弱いので(あくまでも泡として出るタイプです)液体状のものを使うようにしましょう。

まな板の漂白の頻度はどれくらい?

そんなまな板の漂白の頻度ですが、ここには明確に何日って無いんですよね。ただ、言えることは時間が開くほど汚れも落ちにくいですし、漂白しても真っ白になる可能性も減ってきます。なので、個人的な目安としては一週間~二週間ほどを目安に行った方がまな板自体も長く使えるのでいいですよ。
また、食中毒が気になる季節は出来るだけこまめに行なった方が安心です。

ちなみに、塩素系漂白剤を使うことによってノロウイルスなどを撃退できるので殺菌効果としても効果大です。アルコール除菌だとノロウイルスなどに効かないのでそういった面でも塩素系漂白剤を使うのがおすすめです。

さいごに

まな板も使っていると愛着も湧きますので定期的なお手入れをしていると長く使えてお得です。ですが、そうは言っても消耗品でもありますので4~5年程度で買い替えをするのが衛生面でもいいんですよね。なので、そろそろ限界だなと思ったら思い切って新しいものに買い替えましょう。長くは使えますけど長く使っていてもいい事が無いのがまな板です。

あわせて読みたい。

包丁で砥石がない時。切れない時の復活は?シャープナーとの違いは?
白菜は生で食べれるの?美味しい食べ方は?黒い斑点があるのは?
キャベツを丸ごとで保存する方法。半玉はどうする?冷凍は出来る
豆苗の育て方は室内で!再生のコツはあるの?失敗はするの?
茶の実油の効能や効果は?使い方はどうする?通販で買う。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする